カレンダー
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

手形による取り引き

ビジネスシーンにおいて、料金の取り引きというのは現金で行われることも多いですが、時として手形という形で行われることもあります。
この手形という取り引き、すぐに現金を用意しなくとも取り引きを行うことができるので発行するぶんにはかなり有利な取り引き方法かもしれません。
しかし、受け取る側にとっては時として少し厄介になってしまうことも考えられるんです。
たとえば、資金繰りが上手く行かずにすぐに資金がある程度必要になった場合、手形はあっても肝心の現金はありませんから、手形分のお金があればなんとかなるのに・・期日まで待つことが出来ない・・!という場合もあるのではないしょうか?

そんな場合にも現金を手に入れることができる方法というものがあるんです。
銀行などに持ち込んでも期日が来るまで払い戻しをすることは出来ませんが、法令でも認められている手形割引という方法を利用することによって期日を待たずとも手形を現金に交換することが可能です。
通常は期日になるまで手形を現金にすることは出来ませんが、手形割引という方法を利用すれば可能なんですね。
なんだか怪しげな雰囲気がしてしまうかもしれませんがきちんと法令にのっとっている方法なので心配しないでくださいね。
手形というのはビジネスシーンにおいて登場してくることが多いです。今手元に手形がないという方でも、手形割引の知識について知っておくことで後々役に立つのではないでしょうか。

手形の期限を待たずして急に資金が必要になってしまった場合、この手形割引という方法を利用スルことで法令に触れることなく現金を用意することが可能なんです。
法令にも基づいている手形割引という決済方法について、詳しく書いていきたいと思います。

外部サイトへ

割引率は年率2.5%から手形割引のことなら/株式会社エスワイシー